| TOP | 業務内容 | 店舗案内 | 性能比較 | 書籍のページ |
各種シリンダーの性能比較

 ピッキング被害を契機として、ここ2〜3年で美和の錠前に装着されているシリンダーの交換用が各社から発売されました。

 各社で、その性能を競っておりますが、中にはそろそろ問題点が生じた物もあります。U9美和製以外はほとんど ディンプル式シリンダー です。このディンプル式シリンダーの特徴は、カギ山がないこと、カギの裏表が無くカギが扱い易い(マルチロックを除く)等の様々な良い点を持っています。しかし一方でピンの機構が複雑になっており、これが故障の原因になることもあります。 今後の傾向としては、このディンプル式シリンダーが中心となって、日本の気候風土に合ったより良い物が開発され進歩して行くものと期待されます。

 次に、各種シリンダーについて、その長所・短所を述べておきます。お客さまが、カギ交換をされる場合の選択の目安にして頂ければ幸いです。

 
 

本のページをご覧下さい
☆☆☆横カギ神話について☆☆☆

 カギがだめで、横カギは安全だと思っている人達が多いので、それについて解説しておきます。ピッキング泥棒に最初に狙われた美和製のディスクシリンダーは、カギ穴が「く」の字形をした縦カギです。従ってテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等メディアの間では、縦カギがダメだということになったのです。

 そこで出現したのが、同じく美和製のロータリー式シリンダーU9だったのです。このU9シリンダーは、まさしくカギ穴が横向きになっており、横カギ伝説となりました。しかし、この横カギ伝説は、我々鍵屋から見るとなんの意味も持たないメディアが勝手に作った単なる伝説です。 現に、この美和製のU9シリンダーは、破壊に対して非常に弱く「平成13年3月23日号 の週間朝日」にこの記事が大きく取り上げられました。 これをキッカケに鍵業界は騒然となり、美和に対してリコール問題も発生しかねない 動きになりました。

 現在、問題になっているイスラエル製マルチロックも、破壊に弱いU9シリンダーも全部 横カギです。むしろ 横カギの方に問題が生じている と考えて下さい。後の ディンプル 式シリンダーは、すべて縦カギ です。


Copyright (C) 2004-2005 SATAKE KAGITEN Corporation. All Rights Reserved.