| TOP | 業務内容 | 店舗案内 | 性能比較 | 書籍のページ
4.鍵屋経営の理念

鍵屋とは、人様の財産と生命を守るための大事な、「カギ」を取り扱う事を業務とする商売です。

従って如何なる時も、お客様から、不安の念を抱かれる様な、言動又は行動があってはならないと考えております。

ある時は、人様の玄関錠を開け、金庫を開け、又ある時は自動車のカギも作って動かします。この様な業務を行う者が、忙しいからと言って他人を雇い、アルバイトを使う様な考えは、私には有りません。従って、自分一人で出来ない程の仕事があっても、それに対応できていないのが現状です。 客寄せの為に電話帳に誇大広告を載せ、安さを売り物にする業者、電話を無数に配置して、如何にも全体を網羅している様に見せる者、電話を受けたお店の者でなく、何処の誰が来るのか、分からない様な商売を平気でやっている者達とは、一線を画して商売をしたいと思っております。

この様な理念に賛同し、かつ倫理感を持った者達を見出し、弟子として育成し、 各地区で責任を持った仕事をさせる。そして少しでも多くの地区の人々と、信頼の上につながった商売をさせて頂ければ、これに勝る幸せはありません。これが佐竹鍵店が鍵屋を営む上で持っている理念です かかる理念の元、当店は地元住民に信頼され、可愛がって頂ける様に全店を指導育成し、開業以来今日まで、着実に歩んで参りました。 近年頻発している泥棒騒ぎにも、地元警察に協力して、地域住民の安全を守るべく日夜努力致しております。 美和ロックのシリンダー騒動につきましても、いち早くウエスト製のディンプル式シリンダーに切り換えて、皆様方のニーズに即座に対応できる体制を整えました。

5.ウエスト製シリンダーの選択について

ウエスト製ディンプルシリンダーの選択につきましては、次の諸点を考慮して決定いたしました。
@日本国内のメーカーで有ること
(外国産では故障が発生した時の処理に困る)
A高温、多湿の日本の気候風土に合った設計になっていること。
Bシリンダーの種類が豊富であること
 (種類が少ないと、交換又は取り付け出来るドア及び錠前が限られてくる)
C末端の我々鍵屋の意見をメーカーが、どれだけくみ取ってくれるか
 (顧客のニーズに直接触れる、鍵屋の意見を聞けない様なメーカーでは、良い製品は作れない)
D過去に、堅牢なシリンダー及び錠前を、作った実績があること
 (積水ハウスのドア、ヤマハの高級ドア等に長年に渡って採用されている)
Eウエストは、引き戸錠のトップメーカーであり、引き戸錠にもディンプル式がある
Fカギの抜き差しが非常にスムーズで、カギが扱い易い。
G合カギ製作が出来るので利便性が高い。
 (カギ1本の製作に2ヶ月も3ヶ月もかかるメーカーもある)
H生産力があり、発注した製品がスムーズに入荷すること
 (この点でゴールのV18は当店の選択から漏れた)
各種シリンダーについての詳しくは、 シリンダー別データ をクリックして下さい。
Copyright (C) 2004-2005 SATAKE KAGITEN Corporation. All Rights Reserved.